まくりくんち ーRUN、時々 DOG 、かなり STARBUCKSー

マラソン、スタバ、DOGについて、主に呟きます。

残酷マラソン2018 振り返り 前半

喉元過ぎればなんとやら・・・で、もうすでに来年も残酷マラソンには絶対出ようと心に誓っている自分が怖い・・・

 

***************************************

 

備忘録も兼ねて、さっそく振り返ります。

f:id:yuri-yamaguchi-48625160:20180611151942j:image

 

3時起床

4:30出発

6:20着 狙っていた駐車場に無事駐車できた。

(6:40には、ほぼ埋まる)

 

まるさきさん、奈王ちゃんとも合流。

f:id:yuri-yamaguchi-48625160:20180611151953j:image

 

f:id:yuri-yamaguchi-48625160:20180611152023j:image

 3000人弱の参加者に対して、トイレの数はちょっと足りないので、早めに済ませておかないと、整列がギリギリになります。

(でも、皆 どうせ坂は歩くから・・・みたいな雰囲気があるので、後から列の前に進んでも、文句は言われない感じ)

f:id:yuri-yamaguchi-48625160:20180611152032j:image

スタートまで、町長さんなど、町の偉い人の漫談みたいなゆるーい話を聞かされます。

結構面白い。(私のなかでは、岡山県知事と同じくらい、面白い大会式辞だと思ってます。)

 

9時スタート。

この大会、ほとんど坂。

 高低差はこんな感じ。

f:id:yuri-yamaguchi-48625160:20180611154257j:image

 

 牛小屋から牛がモーモー言ってるのを聞きながら、スタートし、2.5キロくらいは下りですが、すぐに登り。

 

奈王ちゃんには、登りに入ってすぐ、まるさきさんには7キロくらいで追い越されます。

 

去年より涼しいので、走れそうなものですが、やはり故障して走れていないため、全くゼーハーできない。

 

うーん、終わった・・・と思いながらも、去年よりはタイムは縮めたいと思いつつ、登る。

 

登りながら、周りを見渡すと「きつい~」と笑いながら走っていく人がたまにいて心の中で「H〇NT〇I」とエールを送ります。

「マジか・・・」と呟きながら、お通夜みたいな顔して登っていく人には「いや、まだもう一つスゴイ坂あるよ」と心の中で忠告します。

 

 涼しいとはいえ、油断ならないので、持参した塩熱タブをガリガリかじり、エイドのアクエリを飲み、オレンジなどは積極的に食べます。

f:id:yuri-yamaguchi-48625160:20180611152132j:image

やっと最高峰。

ここから、一気に下ります。

 

鯖街道での下りの時に、足に痛みが走ったので、最初こそブレーキかけ気味に行きますが、痛くなる気配が無いので、ちょっと頑張ることに。

 

カーブが多いので、そんなにスピードは出ないけど、左股関節は何ともない。

(私の股関節、グッジョブ)

 

これなら、去年よりタイム更新は確実ね、と思いながら、2つ目のピークを目指します。